伊佐中央幼稚園
>
よくある質問

  

よくある質問

 

Q. こども園とは何ですか?幼稚園や保育所との違いはなんですか?
幼稚園は①幼児に学校教育を行うこと、保育所は②親の就労等によって保育を必要とする乳幼児を保育することを目的としています。こども園は①と②、そして③地域の子育て家庭に子育て支援事業を行うことの3つの機能を併せ持った施設です。

 

 

Q. 学びと遊びの両立はどのように考えていますか?

遊びは子どもの学びそのものです。遊びの中から多くのことを学び取っていくため、遊びと学びは切り離せません。例えば、砂場で遊んでいるときも「お山ができたよ!」という達成感や「次はこうしてみようかな」という思考力が育ちます。おもちゃをめぐってお友達とけんかをしたときは、集団の中で過ごす上でのルールや社会性が身につきます。また、お友達との会話を通して「聴く力」やコミュニケーション能力が培われます。当園では、子どもたちの興味・関心を高める環境作りを目指しています。創造共育や対話的保育は、幼い時に特に影響を受けるとされている想像力や表現力などの感性を引き出します。

 

 

Q. 仏教系の幼稚園は他の幼稚園と何が違うのですか?
近年、「いのち」についての悲惨な出来事がつきません。当園では「手を合わせる」ことを通して、生き物や人への畏敬の念を忘れず、感謝の心を育むことを大切にしています。

 

 

Q.  園児数が多いので、うまく馴染めるか不安です。
少人数クラスや複数担任を配置することで配慮しています。

 

 

Q.給食の形態について教えて下さい。 
外部・自園給食の併用を行っています。年少以下は毎日自園給食、年中以上は隔月で自園給食となっています。毎週火曜日は家庭からのお弁当を推奨しています。

 

 

Q.  給食やおやつ等のアレルギー対応はしていますか?
はい、対応しています。その他にも雑穀米の米飯給食や添加物に考慮したおやつ等(手作りも含む)の提供を行っています。

 

 

Q. どのような食育を行っていますか?
当園では「実際に触れる」をキーワードに年齢に合わせて様々な食育体験を行っています。園庭でのピーマンやキュウリ等の栽培や園外に出かけての山菜採りや芋掘りなど自分で収穫する喜びを通して、「いのちをいただく」ことへの感謝の気持ちが芽生えます。苦手な野菜が食べられるようになる子もいます。年長クラスでは月に1度のおみそ汁作りもあり、包丁を使って豆腐や野菜を切る体験もしています。

 

 

 

Q. バスの送迎はありますか?
通常保育(土曜日を除く)、長期休暇中(冬期を除く)ともにバスの送迎を行なっています。

 

 

Q. 安全管理について教えて下さい。
県警直通の非常通報装置、また各所に防犯カメラを設置し、定期的な避難訓練(火災、地震等)を行なっています。

 

 

Q. 教室の冷暖房について教えて下さい。
各クラスに冷暖房を設置しています。未満児クラスについては、空気清浄機(加湿器付き)も設置しています。